女の人

自分磨きで作り上げる美貌【いぼは整形施術で綺麗に無くせる】

たくさんできても大丈夫

背中

液体窒素の短所とは

いぼを病院で取るには、主に液体窒素で凍らせて取るという方法が行われます。この方法は多少痛みもある上に回数がかかるという場合があります。そのためにいぼを取るのには美容整形クリニックで取ってもらうという方が最近では人気となっています。美容整形クリニックでいぼを取る場合、切除で取るときには麻酔をしてもらえます。いぼはそれほど大きなものではないので、切り取ったあと痛みはほとんどありません。液体窒素と比べて痛くないというメリットが大きいため、美容整形クリニックでのいぼ治療がより人気が高いのです。いぼで美容整形クリニックを訪れる人の多くは首にできるいぼで悩んでいます。首にできるのはスキンタッグやアクロコルドンなどのいぼがほとんどです。スキンタッグは肌色で、大きさは小さなものからいくらか大きなものまでさまざまです。アクロコルドンは茶褐色をしており、小さめのものが多くなっています。こうした首にできるタイプのいぼは数が多いので、従来のように液体窒素で取っていたのでは時間がかかるだけでなく跡が目立つ可能性も高くなります。特に女性にとって首の肌はきれいにしておきたいところなので、美容整形クリニックでの治療がおすすめといえます。

レーザーのテスト照射可能

いぼを美容整形クリニックでレーザーによって治療すれば、液体窒素と違って色素沈着の心配はほとんどありません。ただ、いぼの中には大きさや形状が短期間のうちにみるみる変化してくるようなものもあります。こうしたものの中には単なるいぼでなく腫瘍である場合もあるため、このような場合には早めにクリニックを受診しましょう。腫瘍の場合はレーザーを使った整形治療が行えないこともありますが、そのときには外科手術で取り除くことができます。患部を残さないように少し大きめに切除する必要がありますが切除後の傷跡は縫い縮めるのでごく小さなものになります。万一傷跡が気になる場合でも、腫瘍を完全に取り除いた後であれば色素沈着を改善する処置を施すことも可能です。いぼが首などにたくさんできている人の場合、レーザー治療で肌に跡が残らないか心配だという人もいます。美容整形クリニックではそうした人のためにレーザーのテスト照射もできます。肌の目立たない部分にごく狭い範囲でレーザーを照射し、しばらく経過を観察して問題がなければ実際にレーザー治療を開始するというのがそのやり方です。もしレーザーが適さない場合は切除で取り除くことができます。このように美容整形クリニックでは安心していぼの治療を受けられるので、これからは一般の外科や皮膚科より美容クリニックでの治療を選ぶ人が増えていくと予想されます。